ブログ

交通事故の示談交渉


不幸にして交通事故の被害者となられた方からの相談を受けることがよくあります。

大抵の場合、保険会社は、本来認められるはずの金額よりも、かなり低い金額を提示してきます。

低い金額の提示に対して、保険会社と粘り強く交渉されたとしても、相手はプロですし、弁護士が代理していない以上、どうせ訴訟まではやってこないと思っていますから、個人での交渉には一定の限界があるのが実情です。

私どもは、訴訟を提起した場合のケースを念頭において損害保険会社と交渉していきます。

もちろん、訴訟を提起することは、負けてしまうリスクもありますし、場合によっては損害保険会社が当初提示していた金額よりも少ない金額しか取得できなくなる可能性も否定はできません。

ただ、そのリスクがどの程度あるのか、解決までにどの程度の時間がかかるのか、などの事情を総合的に考えて、早期の示談か妥当か、あるいは訴訟を提起すべきかを、弊所では、お客様とご相談させて頂いた上で、方針を決めさせていただいております。

この記事は弁護士・スタッフの個人的な意見や見解であり、当弁護士法人を代表するものではありません。

        

交通事故に関連する投稿

2017.03.29
人の「属性」と逸失利益(弁護士 最所義一)
2015.08.01
(事例・交通事故)交通事故の被害に遭ったとき(2) 通院開始後(治療中)に行うこと(弁護士 井上翔太)
2015.06.26
(事例・交通事故)交通事故の被害に遭ったとき(1) 初期段階で行う3つのこと(弁護士 井上翔太)
2012.10.17
弁護士特約(弁護士 最所義一)
2012.08.23
交通事故過失割合(弁護士 池田雄一郎)

最所義一に関連する投稿

2017.03.29
人の「属性」と逸失利益(弁護士 最所義一)
2017.02.22
業者の行うネット削除(弁護士 最所義一)
2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)

相模原に関連する投稿

2015.02.24
夫婦別姓と待婚期間について予想される最高裁の判断(弁護士 最所義一)
2014.12.17
通称「2回試験」(弁護士 最所義一)
2014.12.16
リベンジポルノ法の成立(弁護士 最所義一)
2014.08.09
検索による逮捕歴の表示(弁護士 最所義一)
2014.07.16
有名人の写真のネット上への投稿(後編)(弁護士 最所義一)