ブログ

人の「属性」と逸失利益


 湘南平塚事務所弁護士の最所です。

 先日、大阪地裁が「「逸失利益」について、全労働者の平均賃金に基づき約1940万円と認定」したとの報道がありました。

 毎日新聞

 この判決は、確かに、報道を見る限りでは、「障がい児の逸失利益を平均賃金で算出」した点で、非常に画期的なものだと思います。

 ただ、順調な発達状況が窺えた点を考慮して、「将来的には一般的な就労ができた確率が高い」との判断をしている点からすると、必ずしも、旧来の枠組みから大きく離れた判断をした、というわけでもなさそうです。

 率直な感想としては、ある種、妥当な事案解決をする為に、多少強引な事実認定を行ったのではないか、そのように思えなくもありません。

 そもそも、損害賠償請求の場面では、その行為がなければ得られたであろう利益が、賠償の対象となります。そのため、将来に渡って、「得られたであろう利益」は、あくまでも推測に基づいて算定されたものにならざるを得ません。

 現実にそのような利益を得ることができなくなったのですから、ある意味、これは当然でしょう。

 ここで、問題となるのが、そのような推測が果たして妥当なのかという点です。

 一般的には、以下のような「推測」の下に、判断がなされています。

 大卒の人の方が、高卒の人よりも、高い給与を取得する可能性が高い、だから、大卒の人の方が、高卒の人に比べて、将来「得られたであろう利益」は高い、男性と女性を比較した場合、男性の方が、高い給与を取得する可能性が高い、だから、男性の方が、女性に比べて、将来「得られたであろう利益」は高い、だから、大卒の人は、大卒平均の収入を前提に判断し、高卒の人は、高卒平均の収入を前提に判断し、女性は、女性の平均収入を前提に判断すべきである・・・。

 このような判断は、一見合理的なようにも見えますが、ある種の「偏見」に基づく判断だともいえます。

 一年後や二年後の年収を推測するのであれば、その人の「属性」をもとに判断することは正しいかもしれません。

 しかし、二〇年後、三〇年後の年収を、その人の「属性」から、推測することが果たして妥当でしょうか。

 有名大学を卒業して「大企業」に就職をしました、その人が、二〇年後、三〇年後も、その企業に残っている確率がどの程度あるでしょうか。そもそも、その「大企業」が存続していると言えるでしょうか。仮に転職しても、「大企業」に入社するような人であれば、相応の地位と収入が得られるはずだ、果たしてそうでしょうか。

 有名大学を卒業した人でも、一旦、非正規労働者の立場になれば、年収は激減します。そこから、正社員の立場になることも困難ですし、なれたとしても、従前の収入を得ることは困難です。また、突然、病気や事故で亡くなってしまうこともあります。

 大学を中退して、起業したものの、失敗続きであった人が、その後、画期的な商品開発に成功して、莫大な収入を得るようになった、そういうこともあるでしょう。

 また、当時は、不治の病とされ、就労が困難であったが、画期的な治療法が見つかり、病気が治癒し、普通に働いて収入が得られるようになった、そういうこともあるでしょう。

 そもそも、二〇年後、三〇年後の年収がこの程度である「確率が高い」と判断できるのでしょうか。本質的な問題として、「属性」をどう捉えるのかによっても異なるのではないでしょうか。

 私は、「推測」に基づいて判断せざるを得ないのであれば、どのような「属性」の人であっても、基本的には、全年齢労働者平均に基づいて、算定すべきであると思っています。

 ある「属性」の人だから、その人の二〇年後、三〇年後の年収は、この程度であるはずだ、というのは、偏見以外の何ものでもない、私は、そのように考えております。

この記事は弁護士・スタッフの個人的な意見や見解であり、当弁護士法人を代表するものではありません。

    

交通事故に関連する投稿

2015.08.01
(事例・交通事故)交通事故の被害に遭ったとき(2) 通院開始後(治療中)に行うこと(弁護士 井上翔太)
2015.06.26
(事例・交通事故)交通事故の被害に遭ったとき(1) 初期段階で行う3つのこと(弁護士 井上翔太)
2012.10.17
交通事故の示談交渉(弁護士 最所義一)
2012.10.17
弁護士特約(弁護士 最所義一)
2012.08.23
交通事故過失割合(弁護士 池田雄一郎)

最所義一に関連する投稿

2017.02.22
業者の行うネット削除(弁護士 最所義一)
2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)
2016.10.03
肖像権、プライバシー権の「放棄」!?(弁護士 最所義一)

湘南平塚に関連する投稿

2017.02.22
業者の行うネット削除(弁護士 最所義一)
2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)
2016.10.03
肖像権、プライバシー権の「放棄」!?(弁護士 最所義一)