ブログ

退職届について


弁護士の余郷です。

よく「懲戒解雇と自主退職のどちらかを選ぶように。」とか「退職届を書かないと懲戒解雇する。」と会社から言われて、退職届を書いてしまったが、この退職届を撤回することはできないかというご相談をよく受けます。

確かに、懲戒解雇が本来できない状況でこのようなことを言われてした退職の意思表示は「錯誤」すなわち勘違いにもとづくものであり無効であるという主張が可能です。

ただ、裁判例を見ていると、この錯誤無効の主張は、労働者側がその際の状況や錯誤の細かい要件の充足をある程度立証せざるを得ず、ハードルが高いと言わざるを得ません。

退職の意思表示は撤回できないわけではありませんが、退職届を書かない方が争いやすいことが多いのです。

また、万が一退職届を書いてしまった場合には、早急に撤回の意思表示をする必要があります。

会社に対して抵抗しずらい状況なのは分かりますが、決して即断せずに、とりあえず回答は留保し、上記のような状況になった場合、退職届を書いてしまう前に、お早めにまずは弁護士にご相談ください。

この記事は弁護士・スタッフの個人的な意見や見解であり、当弁護士法人を代表するものではありません。

        

余郷浩に関連する投稿

2013.06.16
労働審判の解決事例1(弁護士 余郷浩)
2013.05.09
不当解雇をされた場合について(弁護士 余郷浩)
2013.05.07
未払残業代について(弁護士 余郷浩)

労務関係に関連する投稿

2015.09.07
成果主義と社員の流失(弁護士 最所義一)
2013.06.16
労働審判の解決事例1(弁護士 余郷浩)
2013.05.09
不当解雇をされた場合について(弁護士 余郷浩)
2013.05.07
未払残業代について(弁護士 余郷浩)
2012.08.30
未払い残業代請求(弁護士 池田雄一郎)

東京に関連する投稿

2013.06.16
労働審判の解決事例1(弁護士 余郷浩)
2013.05.09
不当解雇をされた場合について(弁護士 余郷浩)
2013.05.07
未払残業代について(弁護士 余郷浩)