ブログ

ちょこっと英語


こんにちは。神戸事務所スタッフの重枝です。

最近、我々の事務所はベビーラッシュです。その都度生まれたてほやほやの赤ちゃんの写真が見れ、癒されています^^ 清らかな生命というのでしょうか。美しいです。

そんな中、ある記事でこんな表現が目に留まりました。

『Jane was born with a silver spoon in her mouth.』

さてジェーンはどんな人でしょうか? 1)女の子なのに、大食い。 2)お金持ちのお嬢様 3)突拍子もないことをする破天荒

答えは、2)のお金持ちのお嬢様です。

 欧米では銀製の食器は昔から高級品であり、特に銀のスプーンは富の象徴と考えられています。  そこから『be born with a silver spoon in one’s mouth』(銀のスプーンをくわえて生まれてくる)は「裕福な家庭に生まれる」、「生まれつき金持ちである」という意味で使われるようになったそうです。

うらやましい限りです。。。^^

この記事は弁護士・スタッフの個人的な意見や見解であり、当弁護士法人を代表するものではありません。

        

神戸に関連する投稿

2016.04.13
(事例・相続)ひどい仕打ちをした兄に相続させたくない(弁護士 池田雄一郎)
2015.11.12
(事例・相続)遺留分とは?(弁護士 池田雄一郎)
2015.10.01
(事例・離婚)婚姻費用の請求って?(弁護士 池田雄一郎)
2015.08.21
(事例・相続)法定相続分とは?(弁護士 池田雄一郎)
2015.08.03
(事例・離婚)養育費をきちんと支払ってもらうには?(弁護士 池田雄一郎)