シーメンス シグニア補聴器アカデミーコースにて当事務所所属の松尾雄司弁護士が講演しました。


seminar photo

平成28年7月13日(水)、CIVI北梅田研修センターにて開催されたシバントス株式会社主催のセミナー「シーメンス シグニア補聴器アカデミーコース」にて当事務所所属の松尾雄司弁護士がリーガルコースの講師を務めました。

本セミナーは補聴器の販売に関わる方を対象に、基本的な法律上の問題点について事例を元に解説を行うもので、弊所の弁護士が担当するのは今回で6回目となります。

当日は資料に沿って、高齢者のお客様が商品購入をする際の意思能力の問題や、消費者契約法上の重要事項の不実告知、訪問販売に関しての特定商取引法など、事例を挙げながら解説を行い、最後に、国民生活センターへの苦情等を紹介しました。

参加者からは、「実例に沿って説明されておりわかりやすかった。」との声が寄せられました。