ブログ

通称「2回試験」


 弁護士の最所です。

 司法修習生の卒業試験(正式名称:「考試」、通称:「2回試験」)の結果が、最高裁より発表されました。

 この試験は、司法試験に合格した後、司法修習生となった者が、法曹となるために課せられる最終試験のことで、この試験に合格しない限り、法曹資格を取得することはできません。

 今回の試験の結果によれば、受験者2015人のうち、42人が不合格になったようです。

 合格率からすると、確かに受験者の大半が受かる試験ではありますが、当事者の立場からすると、これほど、辛い試験はありません。

 何と言っても、母集団が司法試験に合格した連中ですので、合格率が高いこと自体、何らの慰めにもなりません。

 これほど、過酷な試験は、世界中にも類がないのではないかと思います。

 試験時間は、7時間30分。途中に休日を挟むものの、これが合計で5日間続きます。

 試験時間には、当然昼食の時間も含まれますが、昼食時間中も休憩時間ではなく、食事をしながらのぶっ通しの試験です。

 まともに、食事をしている時間もありません。ほとんどの受験生は、おにぎりを2個程度持参して、おにぎりを頬張りながら、試験問題と格闘しています。

 試験問題も冊子です。

 平たく言うと、試験問題が既に本になっていて、その本に、付箋を貼りながら、ポイントを抑えつつ、答案を書かなければなりません。

 答案の枚数も、30枚程度になります。

 今思い返しても、2度と受験したくはありません。

 とはいえ、実際に資格を取得して、業務を行ってみると、2回試験で問われていたことは、実に基本的な事項だったんだなぁというのが、今となっての率直な感想です。(まさに、喉元すぎればではありますが・・・。)

 だからこそ、一定の採点基準が設定できる訳ですし、模範的な解答というものを想定できるのだと思います。

 それと比較すれば、実際の事件は、難題です。

 正解はありませんし、証拠上も価値判断的にも正解であるべきものを、裁判官が平気で切り捨てることもあります。

 その切り捨てる理由も、判決を見てみれば、その筋の方が判決が書きやすかったからねとか、自由心証主義の名の下に、そんな証拠の評価をするのねとか、ほほぉー、そうくるかといった思いをすることも多々あります。

 実際の事件では、裁判官の立場に立って、どのような証拠を基に、どのような主張をすれば、こちらに有利な結論について「裁判官が書きやすい判決になるのか」といった、ある種の「戦略」も必要になってきます。

 ただ、その「戦略」を試験で問うことは、さすがにできないでしょうけれども・・・。

この記事は弁護士・スタッフの個人的な意見や見解であり、当弁護士法人を代表するものではありません。

        

最所義一に関連する投稿

2017.07.21
弁護士によって、裁判の結果が変わる!?(弁護士 最所義一)
2017.03.29
人の「属性」と逸失利益(弁護士 最所義一)
2017.02.22
業者の行うネット削除(弁護士 最所義一)
2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)

横浜に関連する投稿

2016.10.03
肖像権、プライバシー権の「放棄」!?(弁護士 最所義一)
2016.05.03
ドラマと弁護士バッジ(弁護士 最所義一)
2014.12.16
リベンジポルノ法の成立(弁護士 最所義一)
2014.07.10
有名人の写真のネット上への投稿(前編)(弁護士 最所義一)
2014.04.02
「子育て給付金」と申請主義(弁護士 最所義一)

相模原に関連する投稿

2015.02.24
夫婦別姓と待婚期間について予想される最高裁の判断(弁護士 最所義一)
2014.12.16
リベンジポルノ法の成立(弁護士 最所義一)
2014.08.09
検索による逮捕歴の表示(弁護士 最所義一)
2014.07.16
有名人の写真のネット上への投稿(後編)(弁護士 最所義一)
2014.07.10
有名人の写真のネット上への投稿(前編)(弁護士 最所義一)

知財・ITに関連する投稿

2017.02.22
業者の行うネット削除(弁護士 最所義一)
2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)
2016.07.26
「ポケモンGO」日本の法律では争うことができない!?(弁護士 最所義一)