ブログ

業者の行うネット削除


湘南平塚事務所弁護士の最所です。

先日、東京地裁において、「ネット上の記事削除を業者が請け負う契約は弁護士法に違反する」との判決が出されました。 (原告の訴訟代理人は、弁護士法人戸田総合法律事務所の中澤佑一弁護士です。)

朝日新聞記事

インターネットで検索をすると、真っ先に、検索の上位に係るのが業者の広告です。

業者の広告を見ると、いかにも、ネット上にある自分にとって不利益な内容の投稿を、直ちに「消せる」かのように、書かれたものが多く存在していますが、現実にはそれほど簡単なものではありません。

このことは、日々、インターネット上の誹謗中傷問題に取り組んでいる弁護士にとっては、当たり前のことですが、なかなか、そのことを理解していただけないのが実状です。

誹謗中傷に悩まされている人に対して、「大丈夫です。できます。」と言ってくれる人がいれば、そのことを信じてしまいたくなるのは、ある意味当然だと思います。

しかし、現実には、それほど、簡単ではありません。実際には、裁判外で削除要請をしたとしても、必ずしも、直ちに削除がなされるとは限りません。

もちろん、コピーサイト等では、半ば自動的に削除がなされるところもありますが、そのようなものであれば、敢えて「業者」に依頼する必要もないのではないかと思います。

期待させるだけ期待させて、できません、既に仕事はしていますので、返金できません、このような対応を「業者」が行っていたのだとすれば、やはり、相当問題があると言わざるをえません。

弁護士の業務は、正面から、権利侵害がなされている事実について主張し、相手方に対し、法律上の削除義務があることを明らかにしていきます。

そして、その点について、相手方が争うのであれば、裁判上の手続きを取っていく、弁護士は、そういった「迂遠な」手続きを、法律に則って、行っています。

削除依頼は、今回裁判所が判断したように「法律事務」に該当します。「法律事務」に該当する以上、弁護士以外の者が、報酬を得る目的で業として行えば、弁護士法72条に違反することになります。

誰もが、早くそして確実に、目の前の困難から抜け出したい、そう思うのは当然です。

しかしながら、そのような人の願いに付け込み、結局はできずに、終わってしまう、そのようなことが行われていたとすれば、やはり、見過ごすことはできません。

弁護士が、正攻法でやってできないことを、少なくとも、裁判上の手続きを取り得ない業者が、合法的にできるはずもありません。

その意味でも、今回、裁判所が、「公序良俗に反する」と認定した意義は、非常に大きいといえるでしょう。

この記事は弁護士・スタッフの個人的な意見や見解であり、当弁護士法人を代表するものではありません。

        

最所義一に関連する投稿

2017.03.29
人の「属性」と逸失利益(弁護士 最所義一)
2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)
2016.10.03
肖像権、プライバシー権の「放棄」!?(弁護士 最所義一)

湘南平塚に関連する投稿

2017.03.29
人の「属性」と逸失利益(弁護士 最所義一)
2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)
2016.10.03
肖像権、プライバシー権の「放棄」!?(弁護士 最所義一)

知財・ITに関連する投稿

2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)
2016.07.26
「ポケモンGO」日本の法律では争うことができない!?(弁護士 最所義一)
2016.06.11
アイデンティティー権(弁護士 最所義一)

誹謗中傷に関連する投稿

2017.02.01
検索結果の削除(最高裁決定)(弁護士 最所義一)
2017.01.30
検索結果の削除(最高裁判決の予想)(弁護士 最所義一)
2016.11.01
グーグルに対する検索結果の削除(弁護士 最所義一)
2016.10.03
肖像権、プライバシー権の「放棄」!?(弁護士 最所義一)
2016.07.26
「ポケモンGO」日本の法律では争うことができない!?(弁護士 最所義一)